突き指

突き指の原因

突き指とは捻挫の一種で、指先に強い衝撃を与えてしまうことで腱や骨が
損傷した状態のことをいい、みなさんもこれまでに何度か経験されてきたと思います。

1-1

基本的に指はあまり強い力に耐えることができない弱い部分なので、
ちょっとしたことで突き指を起こす可能性があります。
 

突き指を起こす原因として真っ先に考えられるのが野球やバレーボール、
バスケットボールといったボールを扱うスポーツです。
 

これらのスポーツは指を怪我するような場面が多いので、
他のスポーツよりも突き指を発症させやすいです。
 

日常生活でも何かの拍子に指を強く打ったりすると発症してしまう
ことがあるので、なかなか防ぎづらい怪我だといえます。

 

突き指の予防法

突き指は突発的に起こる怪我なのでいくら注意していても
100パーセント予防することはできません。

1-2

ただ、スポーツをする時に指にテーピングをするといった
工夫をすることで発生リスクを抑えることは可能です。
 

特にバレーボールは突き指をしやすいスポーツなので、
テーピングはしっかりとしておいた方が良いでしょう。

 

突き指の対処法

突き指をした場合、引っ張ると治るといわれていますが、
骨を脱臼させてしまう可能性があるので信じてはいけません。
 

これが誤った対処法だと医療業界に転職して初めて知ったという人もいるようです。
一番良いのは突き指した部分をよく冷やして、固定するRICEという対処方法を行います。
 

また、自分では気付かないだけで骨折をしている可能性もあるので、
違和感がある場合は単なる突き指だと軽視せずに整形外科の医師に診てもらいましょう。
 

突き指だと思っていたら骨折だったというケースや腱が
切れてしまっているケースもあるので突き指を侮ってはいけません。